1番脂が乗っている時に美容師以外の仕事に興味をもつ

いろいろな想いを持ちながら日々を過ごしていることと思います。
美容師、アイリストの未来設計
皆さんはどんな設計をお持ちでしょうか。
先日、会社新年会にて、各幹部が20名集まりそれぞれが2020年を語りました。
美容師をやりながら、「家を建てる」「子供を産む」「社長をギャフンといわせる」「ユーチューバーになる」などと、とても言いたい放題の良い会社です。
一人として同じ考えはいません。
現代の美容人口は増加傾向にある中、美容室新規出店も増加傾向。
しかしながら、美容師就業人口は減少傾向。
新規出店の傾向は大型店舗より、小型店舗が多く感じます。
美容師は一人前になり、独立するという流れが多く感じますが夢はそれぞれのことと思います。
美容師人生の中で一番盛り上って「最良の時期」はいつですか?
最良の時期は、モチベーションコントロールが上手にできている傾向があります。
もちろんそれに加えてストレスコントロールもうまくできています多少のトラブルやリスクも乗り越えられるエネルギーを蓄えられています。
お客様の支持も増え、デザインもスキルも上昇傾向にあるその時、
自分自身の納得感も達成感も感じ取れ、すべてがいい形で運ぶ。そんな時が最良の時期かなと考えます。
まだその状態に達成していない方はまずそこに到達するスキルを身につけたいところですが…
「最良の時期」その時。
美容師以外のお仕事に少し関心を持ってみてほしいです。
業界は違えど、世の中がどんなふうに動いているか。
美容と世の中がどのように関係しているか。
エネルギーがある時は、インプット容量が豊富にある時。そんな時に外に目を向けてみるとまだまだ自分の知らない世界が広がっています。
一見、自分には関係のない事に見えたとしても、意識なく視界に入る事と、何かないかなとキャッチする精神で視界に入れていくのとでは意味も感じ方も変わってきます。
いつも電波を張る必要もありませんが、エネルギーがあるときにこそ先を見てみる。興味を持つ。楽しい事をもっとする。
が、経験値へと繋がるはずです。
知らない世界に目を配ることにより、ネットワークが広がり、未来設計にさらなるより良いスパイスが加わることは間違いありません。
TOP